子連れ離婚、離婚協議書

あなたの笑顔を応援します  

お一人で悩まないでください。専門の行政書士があなたのお話に耳を傾けます。あなたとお子様の今より少しでも、幸せな明日のために、法律の力と、カウンセリングの力を合わせて、あなたの心の重荷を少しでも、軽くします。先ずは、無料相談から、お気軽にご相談ください!!

相談しにくいことだから・・・

きちんと相談することが大切です

お悩みを抱え込まないでください

bind_48.jpgご夫婦の問題は、なかなか他の方には相談しにくいものです。ご自分のご両親はもとより、仲の良いお友達にも相談しにくいものです。
特に、問題が小さいうちはお一人でお悩みを抱え込んでしまわれる方がとても多いです。そうしているうちに問題が大きくなり、本当にどうしようもなくなってから、いろいろな方に相談をされるケースがほとんどといっても言い過ぎではありません。

しかし、問題が大きくなってしまってからですと、良い方向にもって行くことに多くの時間と労力を使うばかりか、心が疲れてしまいます。

問題は小さなうちに、解決をすることがとても大切です。

まずは、無料相談から・・・

bind_51.jpg身近な人に相談しにくいことだからこそ、私たち行政書士にご相談ください。どのようなことでもきちんとご相談させていただきます。例えば、離婚にはどのような手続きが必要なのか、とか。また、親権とは何か、とか等。どのような些細なことでもかまいません。
あなたの心のモヤモヤが少しでも軽くなるのでしたら、喜んでお答させていただきます。

無料相談やお問い合わせをどんどんお使いいただき、すこしでもあなたのお役に立てれば私たちはとても幸せです。
私たち行政書士には、守秘義務がありますので、あなたがご相談されたことは外部には分かることはありません。ですから、身近な方に相談しにくことでも、遠慮なさらずにご相談ください。


子連れ離婚

きちんと考えてみる

bind_66.jpg今 離婚すべきなのか
いろいろなことがあり、離婚を決意されたのだと思います。しかし、もう一度考えてみてください。今、離婚すべきなのかを・・・。
暴力等を振るわれている場合は別として、ご自分の気持ちを再確認することは、とても大切です。


離婚の種類

bind_19.jpg離婚のメニュー
1 協議離婚  お互いに、条件などを話し合いながら離婚をします。
2 調停離婚  家庭裁判所で、調停委員という第三者に間に入ってもらって話し合いをして離婚条件などを決めていきます。
3 裁判離婚  協議離婚、調停離婚がダメな場合にとる手段です。


勝つための戦略

bind_68.jpgお子様とあなたの将来のために
離婚は結婚より大変、と経験した方は、口をそろえておっしゃいます。お金のこと、お子様のこと等、ご自分が有利な条件は勝ち取らなければなりません。
そのためには、ご自分のことだけではなく、相手の状況をきちんと把握して話し合いを進めていくことが必要です。
お子様のため、ご自分のためにきちんとした作戦が必要になります。


大切なお金の話

絶対に損をしないために!

きちんと請求をする

bind_63.jpg離婚を考える場合、大切なことは、やはりお金のことをきちんと考えるということです。ご自分のお仕事の収入が生活資金の柱となることは言うまでもありませんが、それだけではありません。
別居中の生活費に頭を悩ますこともあるかも知れません。しかし、この場合は「婚姻費用分担請求」をすることで確保できます。
離婚後も「養育費」「慰謝料」「財産分与」等、様々に請求できる方法はあります。

これらはお金の支払いを相手に求めるものなので、きちんと意思表示をし請求をしなければ、なかなか支払ってもらえないことも多々あります。

証拠能力のある形で請求しましょう

bind_55.jpg「婚姻費用分担請求」「養育費請求」「慰謝料請求」「財産分与請求」等は、電話のやり取りや普通の手紙でもすることができます。しかし、相手に対するインパクトは弱いといえます。やはり、後々証拠として使える形をとりながら、本気の意思表示を示すためには、内容証明郵便をお勧めします。
内容証明郵便は、郵便局がその存在を証明してくれるだけでなく、相手にあなたの本気を知らしめるには、とても有効な手段といえます。

内容証明郵便を効果的に使い、未払いだった養育費や婚姻費用が支払われた例はたくさんあります。


子連れ離婚サポートのご案内

━━━将来を見据えたサポート

  • bind_free109.jpg離婚をする際、相手と話をしただけで書面など何も残さないと、養育費や慰謝料などをまったく取れないこともあります。話し合いをするポイントをお教えし、将来、金銭的に苦労しないようにきちんとした協議書を作成します。
  • また、相手と話し合いをする事が不安な場合は、話し合いに立ち会うこともいたします。

    将来、お子様と楽しく暮らせることできるように、あらゆるサポートをいたします。

━━━調停離婚支援

  • 話し合いがどうても嫌という場合は、家庭裁判所に調停を申し立てることになります。行政書士は、弁護士ではありませんから調停室で同席する事はできません。しかし、支援する事はできます。この支援によって有利な条件で離婚をした方は沢山いらっしゃいます。
  • 調停離婚で勝つためのサポートをいたします。
  • 調停離婚支援はこちらから

━━━女性行政書士をご希望の方もご安心ください

  • 離婚のご相談はデリケートな問題ですので、女性の方はやはり女性の専門家に相談をしたいという方もいらっしゃるとおもいます。
  • その場合は、私たちとネットワークを組んでいる信頼できる女性行政書士を無料にてご紹介させていただきます。
  • 女性行政書士にご相談をご希望方は、遠慮なくお申し付けください。女性ならではきめ細やかな御相談をさせていただきます。

━━━カウンセリング

  • 平賀貢司はNPO法人日本家族問題相談連盟の認定離婚情報コーディネイターでもありますので、不安なことなども遠慮なく何でもお話ください。
  • 法律の側面、そして、精神的な側面からあなたをサポートします。

━━━どうしたらよいかお悩みのあなたへ

   ご夫婦のデリケートな問題ですので、簡単に誰に相談したら良いかを決め
   ることはできないと思いますし、それが当然のことと思います。
   いろいろな専門家に相談してみて、きちんと対応してもらえる専門家に強
   談すべきです。

   しかし、どの専門家が誠実に対応してくれるかは、分かりにくいもです。
   そこで是非お問い合わせフォームをご活用していただきたいと思います。

   あなたのどのような疑問等について、きちんとお答えさせていただきま
   す。
   お問い合わせは無料です。お気軽にご活用ください。
   2名の専門行政書士が誠意をもってお答えいたします。

   お問い合わせいただいたからといって、必ず依頼しなければならない、な   
   どと言うことはありません。ですから、お気軽にお問い合わせください。


私たちが、あなたの不安を少しでも軽くできるように、誠心誠意お答えさせていただきます。また、NPO法人日本家族問題相談連盟の「離婚情報コーディネーター」でもありますので、安心してご相談ください。(行政書士 平賀貢司)